シベリアンハスキーの里親募集!!

里親・協力ボランティア募集!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アリサちゃん預かりたくへ

10月29日 お預かり宅へアリサちゃんをお届けしました。

入院していた病院から、預かりさんのおうちまで約2時間。
車の中でも伏せたまま、大人しくしていました。

病院で看護師さんに連れてこられたアリサちゃんは
伏せたまま、怖くて歩けませんでした。

しばらくすると自力で歩き出し
先生もここまで歩くようになったよ、と笑っていました。

病院到着時は、毎朝体を洗わなければいけないほど
排泄がめちゃくちゃだったようですが
してもしなくても、お外に連れ出すことで
生活のリズムを整えてくださっていました。


下痢が酷く続いていたようですが
それも止まっていまは状態もよさそうです。

残念ながら、右目の視力はほとんどなく
反対側の眼も、はっきりとは見えていないとのこと。

これからしばらく、預かりさんのおうちで
家庭犬としてのトレーニングをして頂こうと思います。

もしかしてこのまま?!な~んて
嬉しいご報告になるかもしれないことを期待しています♪

003アリサちゃん


沢山の子供を生んで育てたアリサ。

     今度はあなたが幸せになる番だよ。。。。。

     


金子

支出
高速代(お預けのためのグッズ、フード)
後日記載

スポンサーサイト
  1. 2012/10/30(火) 21:19:06|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日 抜糸のアイシャ2

術後の経過もよく、今日抜糸となり
病院へ行ってきました。

バリケンに入れるほうが緊張しウンチをしてしまうため
そのまま乗せてみました。
(お届けや遠出の場合は必ずバリケンです)

大人しくこのまま病院まで。

022車の中で


病院の先生から
看護師の○○が会いたがっていましたよ、と。
今日は残念ながら、お休みでした。

嬉しいですね。

アイシャ2も本当にいい子で
診察台の上でも動かず、じっと我慢しています。

お利口です。

手術が終わってお迎えに行ったときも
待合室でお会いした方が

『とってもお利口ですね♪きれいな子ですね~』と
沢山褒めてくださいました。

アイシャ2、わかったのかな。
しっぽをブンブン振ってました。


お顔と頭半分、毛がなくなりましたが
きれいな毛がまた生えてくるでしょう。。

011抜糸前


ワクチン接種も終わり
後はお届けの日を待つのみとなりました。

一緒にいると、たまらなく幸せです。
きっと里親様もアイシャ2もお互いに感じるでしょうね。


病院を出るとき、院長先生とトリマーさんが

『幸せになってね♪』と声をかけ撫でてくださいました。


ネットだけでなく、こうして沢山の方が関わり
応援してくださることに、心から感謝いたします。

抜糸前のアイシャ2です。
元気な姿みてくださいね。




金子
  1. 2012/10/28(日) 21:15:23|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

病理の結果

028アイシャ

ご心配いただいておりました アイシャ2の病理検査の結果が
でましたのでご報告いたします。

5×6センチの腫瘍でしたが
良性とのことでした!!!


明日抜糸です。

今は可哀想なお顔のアイシャ2ですが
性格はとてもよく、いいウンチ、食欲も旺盛です。
毛艶もよくいい感じですよ。

皆様、祈ってくださりありがとうございました!

里親様は、術後すぐ、悪性でも我が家の子にさせてくださいと
ご連絡くださいました。



あとは、アリサBOYだけ!!

絶対、ご縁があると信じています!!


金子
  1. 2012/10/27(土) 19:39:26|
  2. 速報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

まったりシニア、コバ君の里親様募集中!!

スレンダーで、手足が長く
まさにダンディなまったり、おっとりコバ君、10歳過ぎ。

img_256040_31494149_2.jpg


里親様を大募集いたしております!

預かりのオークママによると

『かわいいよ~

いえいえ、そうでなくて状態は??と聞くと

『可愛いのよ~

2度もいうか・・(笑!)何度でも言いそうなオークママでした!


お腹の調子もだんだんと良くなり
消化器系、ずいぶん鍛えられてきたようです。
心ここにあらずだった日もありましたが
今では人も好きとこんな素敵なお写真まで
撮れるようになっています。
img_256040_31336051_5.jpg

他犬はまったく問題なし。
トイレも上手になってきたようです。

健康状態も良好!
できていた床ずれもほぼ完治。

見事なシルバーのハスキー君!
吠えないこともありがたいです。

是非我が家に!と思ってくださる里親様
遠慮なくご連絡をお願いします。
img_256040_31336051_3.jpg


お申し込みはこちらのフォームよりお願いします!

里親希望申し込みフォーム

金子
  1. 2012/10/27(土) 15:52:39|
  2. 里親募集中 オス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

支援物資ご報告第二弾です<10/24追記しました

藤田です。

ご報告漏れ、大変失礼いたしました。
本日追記させていただきました。
===============-


皆様からの支援物資、ご報告が遅くなってしまいまして申し訳ありません。

第二弾のご報告となります。

皆様からの温かいお気遣いに心より感謝いたします。

本当にありがとうございます!

千葉市 千葉の犬好き様 
福岡市 ケロヨン様
坂戸市 バーバMIKO様
八戸市 S様
上尾市 O様
鯖江市 蘭丸ママ様
葛飾区 すべてのはすにしあわせを様
上尾市 アンヴィクママ様
西東京市 アレパパ様
横須賀市 りりまむ様
小金井市 Baz様
     田中様

板橋区 三枝様 (ご報告が漏れてしまい大変失礼いたしました 10/24藤田)
 




私どもボランティアへの飲料なども同封いただきました。
ありがとうございました。

金銭のご支援をして下さった方もいらっしゃいますので、病院代金などがある程度まとまった段階で、収支については、別途ご報告させていただきます。

藤田
  1. 2012/10/24(水) 20:49:44|
  2. 支援物資
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今後の活動について

今晩は、金子です。

さて、22日、23日、コメントをいただいておりますので
今後の活動、及び現地に残す7頭についてお話をさせていただきます。

コメントのなかに、何故現地に残すのか?との質問がございます。

7月25日、私が初めて現地を訪れた際
老夫婦のみこの現場にはおりまして
他に誰も住んでおりませんでした。

お子さんも、後継者もいませんので
世話できるのは、オーナーの奥さんだけと言うことでした。


それを踏まえ、手放したくないと譲らない犬については
私が今後、この現場で管理をし、飼育していく予定でオーナーにも
お話をしてきましたし、健康管理、フードについても
お世話して行く、要は残したいといっている子が
快適に暮らせるならば、繁殖もしないといっているので
一生面倒見るつもりで覚悟してお世話に通いました。

ところが、側溝掃除 9月3日より少し前くらいから
Yさんという、昔この犬舎で住み込みで働いていた女性で
しばらく疎遠になっていた方を呼び戻し
一緒に暮らしてくれないかと、話をしたことから
当初の7頭について、私が管理をするという話はなくなりました。

一緒に暮らすのにYさんも家庭の事情、お子さん、仕事のことが
あり、即答しませんでしたが、9月3日以降、それが
本決まりとなりました。

もうすでにご存知の方も、このブログを見てくださっている中には
いらっしゃいますが、このYさんも繁殖をしており
オーナーから私が入る7月25日前に10頭近くの犬を
この現地から連れて 出ています。
その子達は、繁殖犬としてではなく、処分できないので
預かっている子ということでした。


それと、ご自分のところの繁殖犬10頭以上を連れて
この現場に12月には戻ってきます。
12月から一緒に住むことになったそうです。

私達が減らした数の倍、犬が増えるわけです。


当初の目的とは違う方向に進み
Yさんからも、残す犬は自分が見るから
大丈夫だと言われていました。

が・・・。



現在は、まだ一緒に暮らしているわけでもないので
お世話もしっかりできない状態ですが
10月17日、オーナーの奥さんに


Yさんが戻ってきても、老人の世話、子供の世話で
犬20頭以上をきれいに保ち、管理し世話できるはずがないので
オーナーの犬を出してくれないか?と言いましたところ
手放すのならYさんの犬を減らして欲しい、
ここに残っているほうが、血統がいいんだから・・との返答。

おまけに、講習を受け動物取扱い業の申請をしようと思っていた、と
言いました。

繁殖はしなくても、まだあきらめていないんです。
この犬舎を残そうとしているんです。

この犬舎の動物取扱い業の許可証は
来年3月までです。

そのあと、このYさんが新たに申請し
この犬舎を存続させる方向です。


今の日本では、この取締りがあまく
動物取扱い業の許可を剥奪する、強制的に止めさせることは
できないのです。

保健所の視察と指導までにとどまり
なにか、法に触れることがない限り
どうにもできないのが現状です。

これを行政が許している限り
私達にはもうなすすべがありません。

18日、お見合いがあることをオーナーの奥さんに
17日伝えたら

『奥の犬は持ってかないでよ!』と言われました。

私が生きてるうちは
もう1頭も手放さない!お父さんに殺されちゃうよ。が口癖の奥さん。


殺せるほど、オーナーは元気じゃないし
目も見えない。
黙っていたらわからない。

一番執着しているのは本当は奥さんだと思うのです。


オーナーの名前では、血統書は取っていません。
すべてが奥さんの名前です。

動物取扱い業の申請も、オーナーではなく
奥さんです。

オーナーは犬を作っているだけ、そのほかは
奥さんなのです。

私達がここから頑張るのは
Yさんがつれて帰る犬のためです。

きれいにし、場所を開け、衛生面においても
すべてがあの子達のためではなくなります。


これ以上やる意味がありません。


個人的には、残す犬は本当にかわいそうです。
しかし、ここから先はオーナーの奥さん
そしてYさんが、きちんと管理するべきだと思います。
一時しか行かない私達が、今だけきれいにしても
何もならないのです。

お世話は、毎日のことです。
それができないのなら、手放すことです。

手放させるためには、ではどうしたらいいのか?

一緒に住むYさんが、説得に当たってくださるしか
方法はありませんが、それも期待はできません。
Yさん自身、繁殖をしているのですから。

公にしたら、そこから犬を買う人がいなくなります。

しかしながら、私達が公にしなくても
ネット検索すれば出てきますし、
すでに、ハスキー飼育をされている方は
ご存知です。
私に情報を下さった方もいますし、購入者ご本人から
癲癇が出てしまったという話も聞かせていただきました。

これから、いくら繁殖しても
残る犬のほうが増えるでしょう。

インブリード、遺伝性白内症 
癲癇、寄生虫 皮膚病と、これだけオンパレードに
病気が出ている犬舎ですから
買われる方が、それでもいいというのであれば
それは仕方がないと思います。
止められないことです。

しかし、無知がこういう犬達を増やしていることも
事実だと私は思います。

血液検査表、ワクチン接種証明書、狂犬病接種済証
保護したときからの申し送りファイル(ブリーダーなら保育日記)
くらい、あってもよさそうです。
ボランティアだって、上記4点は必ず添えて里子に出すのに
ブリーダーはどうでしょう?

犬で儲け、犬で築き上げた今の知名度を
みすみす捨てるほど
欲がないとは思えません。

その証拠にチャーリーと言う1年くらいのハスキーは
売れば高いと言い、絶対に手放さないんです。

世話もできていないのに。

一方、この子の兄弟、ピーターは
里親様のもと、幸せ一杯です。

骨格、血統と申し分ないチャーリーは
ここで飼い殺しです。

最近では犬舎掃除の際、甘咬みが強く
飛びつきも酷い状態で、よく泣くようになりました。

血統がいいと言うだけで、飼育が良いわけではありません。

この犬舎の目的は、良い血統をつくること。
そこだけにこだわりすぎて
犬を衛生的に保つこと、運動させることも忘れ
最後にはもう一度儲けるためにインブリードを繰り返した・・。
犬の将来のためにと言いながら、決して欲は捨てない・・・。
中途半端な、方向違いな愛情が絡み
残る子が出てしまっている・・と言う現状です。


皆様からいただいた物資
残す子達のためにもいただきましたが
私達が通っている間は
残る7頭にも同じように使わせて頂きます。
残す子達に罪はありません。

みなさまに納得して頂く形で、今後の活動ができませんことを
申し訳なく思います。

文字にするとなかなか上手く伝えきれませんが
まだ、やるべきことをすべて終えたわけではないので
よく考え、今後も活動したいと思います。



金子






コメントをお寄せくださる方へお願いです。

長いコメントはこちらもお返事する際
時間を要しますので、お電話のほうが
ありがたいです。

メッセージを残してくだされば
必ず折り返します。

混乱を招くとご心配いただく必要は
ありません。

できる限りお返事いたしますが
いかにも・と言うものはスルーさせて頂くこともあります。

ここまで皆様に応援して頂いているのですから
最後まで皆さんと一緒に頑張りたいと思います。

10月24日記 金子
  1. 2012/10/23(火) 22:49:38|
  2. 速報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:39

10/20 活動報告

藤田です。
昨日、現地へ行ってきました。

Tmaさん、CACIの黒ちゃんさんと3名です!!

お二人ともお忙しいのにありがとうございます!

里親募集する子で現在現地に残っている子は、BIGママとアリサBOY2頭のみ。
※BIGママは里親様決定です。

ミニアリサ、アリサMは入院しています。
アイシャ2はご報告があったように、入院⇒緊急手術⇒退院で、金子さんの管理で病理検査結果がでるまで養生します。

犬舎の様子です。

アリサBOYは少し軟便気味。
黒ちゃんにランで運動させてもらい、たっぷりブラッシングしてで元通りハンサムに戻りました。
いつもは狭いゲージに入れられたままで運動もできず、ブラシもしてもらえず、1週間で毛玉だらけです。

BIGママも黒ちゃんのシャンプータオルで被毛の汚れを取りながらマッサージしてもらい、緊張がほどけた様子。
もう少しの辛抱。頑張って、幸せはすぐそこよと言い聞かせます。
2012.10.20 025


オーナー側の強い希望で犬舎に残る子は、7頭(ハスキー6頭+拾われたハナちゃん)。

今日はこの子たちの様子を中心にご報告となります。

残念ながら、頭数が減っても、犬舎の衛生状態はまったく改善しません。
水皿も洗われていないようで、私が前回行った10月13日(土)に替えたときのまま。
気温が低いので、不衛生と感じないのでしょうか?

おしっこやうんちで汚れた新聞も
「あったかい布団のようなものだから」
という理解不能な理由で放置されている子たち。

じっとこの境遇に耐えて、もはやあきらめかけているようです。

若いチャーリーは夏以降、私がいつみても軟便です。
お医者さんに連れて行って、適切な医療行為も受けていない様子。
オーナー夫妻は、長く続く軟便の理由がなにか分かっているのでしょうか。
駆虫が必要なのか、フードのアレルギーか、それとももっと重篤な内臓の病なのか。
医師の診断がないと、対策のたてようもないでしょうに…。
かわいそうなチャーリーです。

調子がよいようなら、今日シャンプーしようと思っていたのですが、チャーリーはブラッシングと被毛を拭くことだけにとどめることにしました。

ジャックをシャンプーしようとしたところ、「コバッチを一番先にシャンプーしろ」とオーナー側からの強い希望。

コバッチは高齢で、特に右耳の状態は特に深刻です。
常同行動もとまらないコバッチ。

理由を伝えて、体力を奪うことにもなりかねないシャンプーは危険だと重ねて説明しましたが、オーナー側はまったく考えを変えることはありませんでした。

一体、何のためのシャンプーでしょうか?

負担にならないよう、細心の注意を払い、短時間で洗浄・乾燥しました。
体調が悪くならないことを祈るしかありません。

2012.10.20 009
▲コバッチの耳の汚れ。耳洗浄剤でも取れない部分は少し毛ごとハサミできってもらいました。
068.jpg
今回は敏感肌の子に適したシャンプーを購入しました。

理由は、先に犬舎をでたキャンディちゃんが、病院でシャンプーをしてもらったとき、長年ケアされていなかった皮膚と被毛に、普通の薬用シャンプーでは刺激が強かったようだったためです。

想像通り、コバッチも長年の汚れがひどすぎて1度ではまったく泡が立たなかったそうです。

2012.10.20 014
▲オーナー宅に残るほうのマリア子。
はじめてのシャンプーなのか、かなり固まっていましたが、頑張りました。

本当に人懐っこい子で、この後も「シャンプーしたよ!撫でて!遊んで!」と元気いっぱいでした。

今日は、コバッチ、ジャック、マリア子、三頭のシャンプーが済みました。

シャンプーを担当してくださった、Tmaさん、黒ちゃん、本当に感謝しています。

今日、オーナーの奥さんに言われました。
「最近どの子も、私よりボランティアさんのほうが好きみたい」
と。。。


<費用>
6100円

藤田

  1. 2012/10/21(日) 12:35:49|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

里親様募集中のチラシデータ

こんばんは。藤田です。

里親募集中の子たちをまとめたチラシデータを作りました。
お近くの動物病院などに貼ったり置いたりできますよ!という方は、ご利用いただけると有難いです。

アイデアをくださったアジャ様、ありがとうございます。

■JPEG版(2ページなので、データが2つに分かれています、ご注意ください。マウスの右クリックでお使いのパソコンにダウンロードできると思います)
ハスキーレスキューちらし 20121019 1 mini

ハスキーレスキューちらし 20121019 2


■PDF版はこちらからダウンロードできます⇒ハスキーチラシPDF

どちらも内容は同じです。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。
  1. 2012/10/20(土) 00:18:04|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイシャ2 無事に終了!

本日、夜 病院の先生よりご連絡があり
手術は無事に終わったそうです。

意識もはっきりしており
明日、退院できるとのことでした。

病理検査の結果は10日ほど先。
それまでは心配もありますが
まずは、元気に退院してくれればと思います。

また、ご報告させて頂きます。


金子
  1. 2012/10/19(金) 22:17:22|
  2. 速報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アイシャ2緊急入院

本日アイシャ2のお見合いがありました。

そしてBIGの母のことも気に入ってくださり
迎えて頂けることになりました。
019BIG母


BIGの母、本当になれてきました。
自らケージから出てきたんです。
そして、あとを付いてきます。
017BIG母



病院での検査が終わり、準備ができましたら
お届けとなります。

そして、アイシャ2・・・・
アイシャ2も一緒に・・とのことでしたが

顔の横にふくらみを見つけ
即病院へ行きましたが、細胞を見ると心配なものだそうです。
028アイシャ


早く切除して病理検査に出したほうがいいということになり
血液検査の結果、問題がありませんでしたので
明日、手術になりました。

最悪の結果もお話くださった先生。

『その場合、2ヶ月から3ヶ月ほどしか・・・』と・・。


アイシャの幸せはこれからです。

頑張れ、どうか良性でありますように!!

問題がなければBIGの母と一緒に迎えて頂けます。




現地に残る子はアリサBOYだけとなりました。

アリサBOYも近日連れて出る予定です。


金子
本日の支出
3700円
  1. 2012/10/18(木) 19:58:55|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

活動報告 10月17日

本日、片目 白内障のアリサ メスと
癲癇があるアリサ メスの2頭を病院へ連れて行きました。

癲癇の持病があるアリサは、犬舎の中でも
寝ていることが多く、様子があまり思わしくなかったので
現地に向かう間での時間はいつもドキドキし
心配でした。

犬舎に到着し、サークルを覗くと
ムクッと起き上がり、生きていてくれたことに
ほっとしました。

ポリバケツにはいつも飲み水入れてあるのですが
この日は、とても少なくなっており
底のほうの汚れが目立つので洗って
キレイな水を入れてきました。

その音を聞きつけ、みんなが一斉に吠え出します。

水が足りないのは、今も改善されていません。


アイシャ2と呼ばれている子は、
アグネスだと奥さんが言うので、名前を確認するも
もう手遅れ・・。

何度確認してもアイシャといっていたのに
今度はアグネス?

もう何でもいいや、と言う感じです。

新しい名前を付けてあげよう!

この日は、病院へと急がなければならず
犬舎の掃除はできずに、お水だけ補充し
呼ぶみんなの声を背中で聞きました・・・。


この瞬間は本当に悲しいです。
犬達もそうでしょう・・。

ケージから出たいとアイシャ2が訴えています。
待ってて、必ず出してあげるから・・。

005アイシャ2
アリサBOYは出ることよりお水・・。

お水を入れるとケージにすぐに戻りました。
お見合いが1ヶ月前から決まっていたのに
なくなってしまったので、お声をかけてくださった方を
お断りしていました。

また、再募集になりましたので
ご縁があれば、またお声をかけてくださいね。

006アリサBOY

いつもケージの奥で固まっていたBIGの母。
最近はケージの前に出てきてくれるようになり
差し出す手にも怯えなくなってきています。

どことなく、私達の姿を見ると
嬉しそうだな・・と感じてしまうのは
気のせいかもしれない・・なんて思います。

やっぱり、どこか嬉しいようなお顔して見える!
犬舎を出るときには、またケージの奥へと戻る姿は
あきらめたんだ・・と思わずにいられません。
今度こそ、期待を裏切らないよう
あなたを連れ出します。

はじめは怖くても、でも大丈夫!
安心できる場所に、あなたを連れて行きます!!
もうすぐ、待ってて!!
004BIG母



犬舎から初めて出たアリサ。
怖くて怖くて、歩けません。
008ありさ

病院までの移動は
大人しくしていました。

013アリサ 片目白内症

こんなに素敵な子。
場所が変わるだけで、そう見えますよね。
014_20121018092815.jpg

まったく歩きませんから、入院部屋まで抱っこ。
体重は18キロ。

BIGと同じです。

適性は20キロ超え・・。

頑張れ、預かりママが待っているよ!!


癲癇アリサは、興奮気味で車の中も病院でも
少し心配です。

動物病院の先生も痩せてるな・・・・と
心配していました。

アリサも元気で退院しておいで!!


本日18日、アイシャ2のお見合いです。
いいご報告お届けしたいです。
今日も行って来ます!!

17日の犬舎の様子
お水を飲んで、みんな落ち着いてきました。






金子

本日出費
高速代のみ 後ほど記載
  1. 2012/10/18(木) 09:58:08|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マリア子を送りました・・・

10月10日、マリア子が亡くなり 
オーナー側での火葬が14日とのことでしたので
藤田さん、CACI桃金と私で
12日、火葬し送ることにしました。

変わり果てたマリア子の姿に
言葉もありませんでした。

舌を咬み、安らかな寝顔とは
違いました・・・。


今はただ、第二のマリア子を出さないよう
できるだけのことを今まで以上に
していきたいと思います。

藤田さんも電車、歩きで遠い現場まで
通ってくれています。

頭数は少なくなっていますが
まだまだ現場には通い続けます・・。

033マリア子


可愛かったマリア子の姿、忘れません・・。


金子
  1. 2012/10/14(日) 22:43:33|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

訃報

昨日の夜、マリア子が亡くなったと今日Yさんより
メールが届きました。


応援、ご支援くださった皆様 ごめんなさい。

マリア子を守ることができませんでした。

手が届いていた命なのに守ることができませんでした。



助ける術があったのかもしれないと思うと悔やまれてなりません。



10月2日の甘えるマリア子。

本当に残念です・・・。

042マリア子
  1. 2012/10/11(木) 21:15:15|
  2. 速報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

北海道のマック君

皆様、ご無沙汰してしまいました。

私事ですが、9月に入り怪我をしてしまい
何もできない日々が続きましたが
BIG君のお見合い、犬達の通院はなんとかやっていました。

現在も指が痛く、なかなかメールが打てないので
お返事が遅くなりますが、ご連絡いただいております方には
近日中に、ご連絡させて頂きますので
宜しくお願いいたします。

さて、北海道に行ったマック君、元気に過ごしています。

是非、会いに行ってくださいね。

荒野を駆ける風のようにクリック!

かよ母さん、ありがとう!!




BIGは、CACIシェルターにて待機中!
元気にしています。

嬉しいご報告ができるといいな。。
BIG3


金子
  1. 2012/10/10(水) 05:37:56|
  2. 速報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シルバーくん

シルバーくん。

病院で外耳炎と目の炎症のため通院中。

●7/31の記事
●8/4の記事

前の状態に比べて随分良くなりましたね。
笑顔も可愛い!

あまあまシルバー、里親様募集中です!!
シルバー

フレンドリーでお茶目なシニアハスキーです。

13歳、去勢済み フィラリア陰性
ワクチン済み

猫は苦手なようです。
  1. 2012/10/09(火) 20:36:46|
  2. 里親募集中 オス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

活動報告 10月8日&幸せだより

みなさま
こんばんは、藤田です。
なかなか更新できず、すみません。

今日は現地に一人で行ってきました。

本日の千葉県は風が強く、涼しいを通り越して少し肌寒いほどでした。

犬舎では、マリア子とテレサが下痢をしていました。

オーナーの奥さんに伝えると「急に冷え込んできたからだろう」とのこと。
投薬対処してくださるそうです。
皆様からご支援いただきましたドロンタールもお預けしようと思います。

早くよくなりますように。

下痢で脱水症状になると深刻です。

マリア子は高齢ですから、コンクリートの上に新聞を引いただけの場所ではかなり寒さや硬さは堪えるのしょう。

早くお家を見つけて、あたたかいベッドの上で休ませたいです。


今日は犬舎の写真がありません。

ご支援いただきましたフロントラインとエピオティック(耳の洗浄剤)をしてきました。

お掃除の間に、アリサBOY、アイシャ2をランで遊ばせました。

アイシャ2はおもちゃにビビッドに反応しています。相変わらず元気でお茶目。

アリサBOYは少し甘えるようなしぐさを見せるようになりました。


♪♪♪ 幸せだより ♪♪♪

さて。
犬舎でキャンディちゃんと呼ばれていた子は素敵なご家族に迎えられ、「ヒーラちゃん」というかわいいお名前になりました。

里親様からのお便りをご紹介いたします。

ヒーラ1
ヒーラ2
▲2週間目ごろのお写真。
このころから後ろをくっついて歩くようになったそうです。かわいいですね!
先住ちゃんたちとの関係も問題なしとのこと。

そしてお家に迎えていただき、1か月が経ちました。

「皮膚の状態は良好で、うっすらと毛が生えてきました。
来た当時はケージ内にいて、静かだったヒーラも、今では自由にしていないと、文句?を言うようになり(笑)
その欲求がとても可愛らしく、毎日を元気に過ごしてくれています」

1008.jpg
▲優しいご家族に見守られて幸せなヒーラちゃん。
痛々しかった皮膚も回復してきているようで、安心しました。
お耳の治療も継続していただいるそうです。

里親様、今後ともよろしくおねがいいたします!!

犬舎にいるみんなも、ヒーラちゃんの後に続いて、素敵な赤い糸をつかもうね!


<出費>
2420円
  1. 2012/10/08(月) 23:12:27|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。